とーま日記:Q

藤麻無弓(とーま・むゆみ)が色々ダラダラしてます。

“『小畑健展 “NEVER COMPLETE” 』へ行ってきた。”

2019年7月15日。

アーツ千代田にて開催されている、『小畑健展 “NEVER COMPLETE” 』へ行ってきました!

 

f:id:mooth1006u3:20190715135128j:plain

 

建物入り口前に飾ってあったやつ。

 

f:id:mooth1006u3:20190715135113j:plain

 

ヒカルの碁』、『DEATH NOTE』、『プラチナエンド』でお馴染みの、小畑健先生の原画展!

 

 

もはやこの方が絵が上手いのは当たり前だという認知度で。

なのに原画展のサブタイトルに『 “NEVER COMPLETE” 』と。決して終わらないもの であると。未だに途上である というコトなんでしょうね。

ホントすごすぎですよ…。

 

場内、序盤は、ヒカ碁デスノの漫画原稿が順に展示されてて、三連休最終日で祝日だったからか、このあたりのコーナーはなかなかの混雑で牛歩でした。

 

間近で原稿を見ても、どうやって作画してるのかさっぱりわからないw

 

例えばヒカルの碁の、

f:id:mooth1006u3:20190715231550j:plain

((c) ヒカルの碁 より)

 

みたいなシーンとか、読んでるときはなんとも思ってなかったけど、対局してる2人に佐為の手と 碁盤の様子が重なってる魅せ方とか どういうふうに描いてるの? って。

仕上がりイメージがある上でゴチャゴチャしないでキレイに描くとか。

ホワイトでキレイに線入ってるし。

 

あと、プロ試験で伊角さんが置くとこ間違えて置き直す反則したシーンも展示してあって、正確に盤面を描くとか どうなってんだろうかと。

 

漫画原稿は 本編での重要回や重要シーンなど一部があった中、

個人的に 最近ジャンププラスで毎週水曜日に無料解放されてるヒカルの碁を毎週読んでるので、懐かしさがあまりなく。

佐為が消えるシーンとかは展示してある一部ですらも 見ただけで涙腺にきましたねぇ…。

 

shonenjumpplus.com

 

次のデスノのとこもすごかったですわ。

第1話でシブタクが事故死になるやつは、本誌及び単行本では掲載が見送られた原稿もあって。はー すげー と。

『顔』についてのコーナーでは、デスノコラでも見たような、ネタ扱いされてるシーンを思い出してしまって、このあたりは思い出し笑いしてましたw

で、

ダークな世界観 ってことで、『あやつり左近』との比較や、死を描くにしても、デスノは殆どが心臓麻痺だから血が流れない ってことで、死ぬシーンの魅せ方の違いとかも展示されてたり。


ずっと原稿を凝視してたから、『バクマン。』のコーナーを見てるあたりでは目が痛くなってきてしまった…。


バクマン。』では劇中漫画もあったから、その作中の各キャラの画風の違いが展示してあったり。


基本的に白黒原稿をしっかり見てきました。
けど、しっかり見ても、もともとが上手すぎて、どうしたらこんな端整な絵が描けるかさっぱり分からないw
個人的に気になったのは、右利きの場合、右向きの顔を描くのが苦手なんだけど、裏描きしてあるものが展示されてあったのを見れたことで。
きっと小畑先生は普通に、裏描きしなくても描けるんでしょうけど、(私は描くのすっごい苦手なので) 正確に綺麗に描く為に、原稿の裏に、左向きで描かれて正確性を高めてらっしゃるんだろうな と。
顔だけではなく、背景のパース線もしっかり裏に描かれてあって。すげぇな…しかないです。(語彙力)


カラー原稿の展示コーナー、
着色がコピックだというのは以前なにかで読んで知ってたんだけど、なんでコピックでこんな綺麗に塗れるのか、これまた見てもさっぱり分からないw


最新作で連載中の『プラチナエンド』のコーナー。
下描きから原稿が仕上がっていく過程が壁にバラバラッとギッシリ展示。
プラチナエンド』からはデジタル作画を取り入れられたそうで、ただでさえ超絶美麗な小畑先生の原稿がさらに美しくなるという…。
まさに “NEVER COMPLETE” ……。
ヒカ碁的な言葉で言うなら、『はるかな高みへ――……』。ってとこでしょうか。

カラー原稿もアナログによるコピック着彩からのデジタルだそうで、ただでさえ綺麗な原稿がさらにキラキラするという…。やばい…。(語彙力)


最後には、先週末、13日に急に公開された『DEATH NOTE』の新作の、完成原稿10ページが展示。

shonenjumpplus.com

デスノートの新作読み切り ネーム段階で読んでも面白かったですねぇ。)
(オチは正直 ズルい って思ったんですけど、ズルいということまで『デスノ』だな とも思えるので、やっぱり ズルいなーw って思いましたw)



で、

小畑先生がこのイベントに寄せてのコメントVTRが流れてたり、
別のスクリーンでは小畑先生が着彩してる過程のVTRが流れてたり。(← これに関しては作業途中で終わってる映像だったんだけど、翌日の本イベント公式ツイアカで、小畑先生のライブドローイング映像の続きがアップされてたから、イベント終了までに完成する ってことなんでしょうかね。)

 

 (いいなー翌日のこの時間にいたお客さん…。生で小畑先生の作画の様子を見られて…。)
(あ、今 公式さんのツイアカ見たら今日も小畑先生会場にいらっしゃってる…。)



(着彩するときに主線がない状態でどうやってコピックで塗ってるんだろう とか見てたんだけど、下描きがしっかり入った紙を下に敷いてトレース台 ってことか?)


んで、展示スペースをあとにして、物販で買い物して、会場を出ることに。

いや~~、すごかったです。
絵が綺麗すぎて意味がわからないw
もはやアートなんだけど、漫画としての魅せ方もすごいからなんて形容していいかわからないですね☆

 

f:id:mooth1006u3:20190717142949j:plain

f:id:mooth1006u3:20190717142651j:plain

 

 

f:id:mooth1006u3:20190724232638j:plain

(↑ 特典付き前売り券を買ったので、そのマグネット。)
(ほんとは図録付きが欲しかったけど前売りでsoldしてたので。(当日券で図録付きあったのかな?))

 

f:id:mooth1006u3:20190716223815j:plain

↑ 買った『図録』と、カバー。

f:id:mooth1006u3:20190716224126j:plain

↑ 買った A4サイズクリアファイル2枚セット。3種。

f:id:mooth1006u3:20190716224209j:plain

↑ 買った アイシングクッキーと紅茶。

 

 

 

f:id:mooth1006u3:20190717125119j:plain

 

私が行ったのが、開催されて3日目で祝日で人も多かったし、もし来春に大阪で開催されるやつに展示内容が違うのがあったりしたら、大阪でも見に行こうかしら。

nevercomplete.jp

“孤独と戦い。”

f:id:mooth1006u3:20190710231157j:plain

voguegirl.jp

 

相も変わらず、人生といふ名の迷宮を彷徨っているんですけど、そんな中、指針の一つとして使わせてもらってまして。

 

 

VOGUE GIRLさんのインスタライブも聞きましたよ。

(以下、メモ。)

・才能のベースは『不器用さ』
・『普通』がわからなくなるときがある。
・“普通” じゃなくて私なりのやり方が始まっていく。
・解答に辿り着く為の筋道が違う。
・仲がよくても1人の時間が大事。
・私自身、究極に自己満足したい。
・所謂、“趣味の時間” というものを~…、自分の7割を社会に使うとして、3割、1割でもいいから 誰にも理解されない時間が大事。
・「好きにやらしてくれよ」。反抗期。
・失敗してもいいから 自分なりにやってみたい。
・私なりに考えたい。私なりに納得したい。
・一匹狼的な。
・連絡を取りにくい存在になっている。連絡を返すのが面倒になってる。
・人から何かアドバイスを言われても「ちょっと待って」を口癖にしてみよう。
・アドバイスはいらない。
・自分で答えを出したい。自分なりにやってみたい気持ち。
・ムキになり過ぎると苦しくなる。
・少人数の信頼できる人を大事に。

(以上、メモ)

で、

 

しいたけ.の12星座占い 過去から読むあなたの運勢

しいたけ.の12星座占い 過去から読むあなたの運勢

 

 この本もだいたい読んで、(立ち読みで…



で、


それを踏まえての、

ameblo.jp

これで。



ま、一通り読んできて。
『自分なりにやってみたい』、『アドバイスとか、「ちょっと待って」』ってとこに、「わかる~」って思うんだけど、こう、占いの記事を読んで、その記事を、アドバイスとも言える占いの記事を気にしてる時点で、
どこが自分なりやねん と思うのですが。そらそうで。

だから「わかる~」と思いながらも、自分に問い続けてしまうので相も変わらず迷宮をmake youしてしまうんですが。

その、勝手に迷宮をmakeしてしまうことも含めて、自分1人で抱えてよく戦ってきたな~ って感じですよね。

本に、『休日の予定をスパイのように言わない』ってあったんですけど、
(ん? スパイ?(前回エントリ))
実際休みの予定とかあまり言わずに遠くに出掛けることしょっちゅうですし。

そもそもあまり話さないですからね。
ちょっと出掛けるにしても。ちょっとの悩みにしても。
ちょっといいことがあったことにしても。

話したいだけで聞きたくない みたいな気持ちになりますし。
話したら聞いてくれる人の感想も聞かなくちゃいけないじゃないすか。
それ面倒に感じたりしてさ。

けど、それすら込みで、信頼できる人には話していった方がいいんだろうなー って感じですかね。
ん…消極的だな…、
つか、今までだったら1人で抱えてきたけど、それを話して離して手放していこう って感じすかね。

誰かの理解とか共感とかは「うるせーw」って感じで。
分かってもらえない寂しさはあると思うんだけどさ。

本の方には確か『身近な人を大事にする』みたいなことも書いてあった気がするし。
わかりえなくとも相手の大事なものを大事、自分の大事なものを大事に出来ていけたらいいのかなー とか。





ま、


“誰かの” みたいなことも書いてきたけど、なによりは、
“私が” 一番納得したくて、“私が” 満足したいんですよ。それなんですよ。それが全てですよ。
その為に ずーっと舗装された道を歩いてたと思ったらいばら道に入ってしまって痛い思いしてきたりしたんすけどね。

私の心地よい感覚 ってのを大事にしていきたいですよ。



そうそう、下半期占いのほうに、『川とか海とか 水の見えるところがオススメです』って書いてあったけど、
私 結構前から、海に行きたい って言ってるのでそれさっさと叶えたいすね。










この記事の表題に、『孤独と戦い。』って付けたんですけど、
しいたけ.さんのリンク先アメブロの記事に孤独が云々 って書いてあるからなのと、
下半期占いの方に、
>>“ある程度自分なりに孤独になって、徹底的に答えを探した。

あなたは戦ってきましたよ。”

……ってあったので、そう付けました。

で、
『孤独と戦い』ってフレーズがなんか聞いたことがあるな~、と思ったので、次の曲を聞いて頂きまして この記事を終わらせて頂きます。

www.youtube.com

f:id:mooth1006u3:20190711002513j:plain

 

“『SPY×FAMILY 1巻』読了。”

(久しぶりに昔みたいな感じで漫画の感想を書くか。)(

SPY×FAMILY(スパイファミリー)  1巻』を購入、読みました。

f:id:mooth1006u3:20190705022658j:plain

 

 

 

『TISTA』、『月華美刃』の遠藤達哉 最新作!!

 

え~と…。
発売して5日経ってるので私の主観で書くんですけど。

(作品についてのちゃんとしたレビューはAmazonとか見ればだいたい大丈夫なので)
(昔ながらの漫画の感想とか書いて、画像も添付したりしてるテキストサイトさんがいらっしゃればお任せしちゃうんですけど)
私の思いだけ書くね。

もぉねぇ~~…、遠藤達哉さんのファンって結構いると思うんですよ。
昔から追ってる人は結構ね。

それこそ、ジャンプのストーリーキングを受賞されてから、週刊少年ジャンプで『西部遊戯』が載ったときからずっと。
読み切りが4本くらい載ってさ。


でも なかなか連載に繋がらないんですよ。

ジャンプSQ.の創刊号で、それと同時に初連載として『TISTA』が始まったときは嬉しかったんですよ。
……全9話で終わってしまったけど……。


私の個人的には『月華美刃』よりも『TISTA』が好きなんですけどね。
過去作のリメイクというカタチでの2回目の連載作品だった『月華美刃』なんだけど、覚えてる印象としてはなんかゴチャゴチャしてて…。(ゴメンね)
『TISTA』は暗かったけど、救われない感じとか好物でしたので。



そのあと、読み切りがたまに発表されていくんですけど、私、ちゃんと追えてなかったのか、ウィキの作品リストで確認するに、ちゃんと読んだ記憶があるのが、『石に薄紅、鉄に星』なんですよ。

 

ジャンプSQ.クラウンに掲載されたこの作品を読んだ記憶があって、内容はすっかり忘れてるけど、感覚としてはとてもハートフルな印象を受けたんですよ。

 

いい作品を描かれるな~ って。
久々に遠藤先生の作品が読めた嬉しさもあって ね。


で、

表題、
SPY×FAMILY』のもとになったと言われる読み切り『I SPY』をチェックし忘れ(←

時間は経過し、

今年の春過ぎ、遠藤達哉先生がジャンプ+で新作を描かれてることを知ったワケで。

(これも知ったの遅かったけどな…w) 

 

ゴロツキが実に “らしい” キャラで、ネーミングセンスや、アクション、魅せ方も面白い。
遠藤先生独自のセンスが光る中、最大の見どころはやはり自称6歳の女の子 アーニャ。

今までの遠藤達哉作品って、戦う少女ばかりだったけど、今回困難に立ち向かうのはロイドという男性キャラで。
アーニャはその特性を活かしてロイドを救ったり引っ掻き回したりする。

つか、アーニャの表情が良い。
小さい女の子が表情をコロコロ変える作品というのはそれを見てるだけで十分に楽しい☆

ジャンプ本誌にしてもジャンプラにしても、最近ダークファンタジーが多い印象を受けてて、『TISTA』もそういう毛色の作品だったけど、『スパイファミリー』はコメディで。読んでて楽しい。爽快感もある。


で、


私は作者推しで作品を読み始めたキッカケだったけど、気が付いたらかなり好評でヲタにもウケてるようで。 f:id:mooth1006u3:20190708213018p:plain

で、

 

hon-hikidashi.jp

natalie.mu

コミックスが出ると同時に記事になってるし、
ツイッターでも好評の意見を見るし、
私もツイートしたら編集担当さんに いいね されるしw

f:id:mooth1006u3:20190705113202j:plain

 

すごいすねー。

そんで好評だからということで、今週のジャンプには読み切りが掲載されてるし。

 

f:id:mooth1006u3:20190709140308j:plain

スマホで読んでたものを紙の本で読むとまた違うんですよ。
遠藤さんの作品は独特のザラっとした質感もあるから個人的には紙でこうして読めて嬉しいですよ。

 

SPY×FAMILY 1 (ジャンプコミックス)

SPY×FAMILY 1 (ジャンプコミックス)

 

 

ツイッターでは作者さんのアカウントで第1話が無料でアップされてますし、

 ジャンプ+の方でも最初は無料で読めるので、

shonenjumpplus.com

読んだことのない人、知らない人は是非読んでみてほしいですね☆

 

このまま人気がヲタだけじゃなく一般層にも広がって、連載が長く続いてほしいなー と思います☆

 

SPY×FAMILY 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
 

 

“久保みねヒャダ こじらせライブ in 豊橋 [at アイプラザ豊橋]”

2019年6月29日。
久保みねヒャダ こじらせライブ in 豊橋 で、 アイプラザ豊橋 に行ってきました!!

f:id:mooth1006u3:20190629174955j:plain

開始冒頭で久保さんが話題に触れてましたけど、私の個人的にも、ここ アイプラザ豊橋に来るのは、モーニング娘。のコンサート以来です。

mooth1006u3.hatenablog.com

 

(このブログの過去ログでも3年前しかなかった。最近行ってないな…。)

 

6月のうちに2度目の豊橋ですよ。

mooth1006u3.hatenablog.com

 

このときに久保さん能町さんが言っておられましたが(これは言ってもいいことだと思うけど)、ひとつきのうちに豊橋に2度来るスケジュールになったのは偶然だそうで。
(ま、いつもデト女の方が年末開催がデフォでしたからね。)

 

f:id:mooth1006u3:20190702230843j:plain

(↑ デト女のときに頂いたフライヤー。)

 

なにより私にとっては初めての久保みねヒャダライブで!
楽しみでしたよ☆

豊橋鉄道南栄駅からたくさん下車する様々な年代のお客さんがゾロゾロと同じ方向へ向かうので、みんな目的は同じだなと思いながら…w

 

13時の開場時間頃に現地に着き、入場。
物販に並びます。

f:id:mooth1006u3:20190629131302j:plain

f:id:mooth1006u3:20190629132257j:plain

f:id:mooth1006u3:20190629132258j:plain

買ったあと、ロビーで荷物を整理するなどし、

f:id:mooth1006u3:20190629134817j:plain

中に入ります。

f:id:mooth1006u3:20190629134957j:plain

(開演前のステージの様子を撮ってる人や、撮ったものを上げてる人を見かけたので、これは上げていいものなんだ と判断しました。)

 

f:id:mooth1006u3:20190702232045j:plain

 

RADIO ONSEN EUTOPIA

RADIO ONSEN EUTOPIA

 

 

で、14時過ぎにスタート。

 

 

本イベントも内容は口外厳禁なので、話していい部分と、感触だけの感想なんだけど。

クソ楽しかったです☆

前半は これ放送無理だろww と思いながら聞いてたしw

後半はゲストにミラクルひかるさんがいらしたんですけど、最☆高でした!
久々に涙が出るほど 腹がよじれる程に笑いましたよwwww

f:id:mooth1006u3:20190702233556j:plain

6月上旬のデト女のときは、私 真ん中の通路側の席に座っていて、久保さん能町さんが私の横を通っていく っていうのを体験したんですけど、
今回はイベント開始時に久保みねヒャダのお3人さんが入場してきたときに、それぞれお客さんとハイタッチしていくんですけど、私 ヒャダインさんとタッチ出来た☆

ヒャダインさんを生で拝見するのは今回が初めてだったんだけど、まさか触れることも出来るとわ。

終演してお3人さんとミラクルさんが退場するときにもヒャダインさんとタッチ出来たし☆
ヒャダインさんサービスすごいですね。

f:id:mooth1006u3:20190702233912j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:mooth1006u3:20190701013018j:plain

(↑ 買った物販のやつ。)

f:id:mooth1006u3:20190629220657j:plain

(↑ もらったスタンプカードと マグネット。)

 

 

今回の豊橋、放送されるのは今月…? 7月中に放送されるんでしたっけ?
どこまで放送されるか分からないけど、歌のやつ放送されたらいいな~。

“はてな 今週のお題 ; 「2019年上半期・振り返り」”

今週のお題「2019年上半期」

f:id:mooth1006u3:20190702215942j:plain

6月が終わったかー、って感じはあったんだけど、今年がもう半分終わったのかー って感じはしなかったんですよ。
STEREO.C.Kの瀬音さんのブログ読んで気付かされましたよ。

ameblo.jp

f:id:mooth1006u3:20190702220231j:plain

はてなのお題のページに書いてあったけど、「もう半分」「まだ半分」っていうと、私は「もう半分」って実感です。


や~~…、もがいてきましたからねぇ…。
こんな苦労するとは思わなかったです。

ま、今はちょっと落ち着いてきましたけど、理想の為に / 目的の為にもうちょっと攻めてみた方がいいのか、今の段階で妥協した方がいいのか ってとこは迷ってるところです。


いやぁ~~…、頑張りましたよ。
頑張った。
私 頑張った。

悔しいことも ムカつくことも 納得いかないことも 悲しいこともあったけど、まぁ頑張ったわ。




取り敢えず当面は、今、なんかリキんでんな って感じたら、すぐに息抜き(物理的表現)することですね。
その、今 力を抜く っていう それを重ねていく感じですかねぇ。

“[岐阜市三社参り]→橿森神社→金神社。”

mooth1006u3.hatenablog.com

 

前回の続き。


行きの道で40分も歩いて、伊奈波神社内をさんざん散策して疲れてて、
「帰りの道はバスにしよう」なんて考えてたんですけど、来た道戻るのに何処にバス停があるのかも分からず。(←
結局また来た道を歩いて戻ることに。

スマホの電池の残量を気にしながらポケGOやりながら。)


で、

戻ってる最中、何か見つけてしまった。

 

f:id:mooth1006u3:20190628145509j:plain

 

橿森(かしもり)神社。

ja.wikipedia.org

 

遠目に神社があるのと、人がそれなりに多くみえるように見えて。
あれはなんだろうと近付いて、で、訪れることに。

f:id:mooth1006u3:20190628145522j:plain

横断歩道前にあった榎。
(私はよく分かってなかったけど、こちらを撮ってる方が近くにいらしたので私もなんとなく撮影。)
(信長が楽市を開いた場 という所以のあるところだそうで。)


橿森神社へ入ります。


f:id:mooth1006u3:20190628145557j:plain

入ってすぐ左手側に、

f:id:mooth1006u3:20190628145714j:plain


岐阜信長神社(建勲神社

 

f:id:mooth1006u3:20190628145723j:plain

商売繫盛、出世開運 だそうで。

正面の方へ進みます。

f:id:mooth1006u3:20190628145729j:plain

f:id:mooth1006u3:20190628145737j:plain

夫婦円満、子供の神様 ということなんですけど、独り身の私には関係ないので(ぉ

で、1つ前の画像の左手側に進むと小さな参拝するところがあり、
で、右に行くとそこが本殿ということなのですが、

本殿が開いていまして。(!?)


私自身、全然よく分かってなかったんですけど、(この記事を書くにあたり検索しながら書いてて)本来は本殿は閉まっていて、その扉の前にお賽銭箱があるという普通の感じだと思うんですけど、
この日は月末の最終金曜日というコトで、そのお賽銭箱の向こうへ、靴を脱いで、本殿に上がらせて頂いて、中で御朱印を頂きました。
(参拝は普通にお賽銭箱の前で。)

(私これググってなかったら、靴を脱いで上がることが当たり前だと勘違いしてたぞ…)

(本殿の写真は無いです。)


他にも参拝にいらした方がみえてて、御朱印頂くのに並んでて。
中には椅子が置いてあり(誰も座ってないです)、右手側にはお守りとか置いてあったような。(たしか)
テーブルの向こうに神社の方(?)が5人くらいみえて、御朱印を頂くのに一番右に並ぶ。
曰く、
「流れ作業でやってますので(笑)」
だそうで、分担して書かれたり印を押したりされてた。
で、一番左で御朱印帳を受け取る。

ここで『岐阜信長神社』の御朱印を頂く。

また、さきほどの橿森神社の鳥居をくぐってすぐの岐阜信長神社の左手側に、プレハブみたいな小屋があって、そこでは橿森神社御朱印を頂く。

f:id:mooth1006u3:20190628151002j:plain


岐阜信長神社の向かい側にあった、たぶの木。

f:id:mooth1006u3:20190628151007j:plain

f:id:mooth1006u3:20190628151009j:plain

f:id:mooth1006u3:20190628151019j:plain

 

岐阜信長神社、橿森神社で頂いた御朱印がこちら。

 

f:id:mooth1006u3:20190628203432j:plain

印が、金…!

 

 

本殿に入ったときにチラシを見つけて、

 

f:id:mooth1006u3:20190701022205j:plain

f:id:mooth1006u3:20190701022221j:plain

 

そもそも今回は伊奈波神社に行くのが目当てで。
金の御朱印伊奈波神社だけなのかな…? って思ってたんですよ。最初は。
というか他を知らなくて。
つか、他に行く気がもともと無くて。

橿森神社もたまたま見つけて寄っただけだったので。

で、このチラシを見たら、金の御朱印というのを毎月最終金曜日に、記載の寺社でやっている ということをここで初めて知って。


他の神社の一覧を見て、なんとなく、

金神社には行きたいなー… と思ったので、そこへ向かうことに。



(この日、私 午前中にパン1個食べただけで動いてて、あまりに腹が減ったので、このあと途中のコンビニでフランクフルトだけ食べますw)

f:id:mooth1006u3:20190628151315j:plain

おすし街道 ってなに…?
知らない…。



1kmほど歩きます。



f:id:mooth1006u3:20190628153326j:plain

近付いてきました。

f:id:mooth1006u3:20190628153437j:plain


『金(こがね)神社』

ja.wikipedia.org

koganejinjya.com

f:id:mooth1006u3:20190628153502j:plain

f:id:mooth1006u3:20190628153523j:plain

鳥居が……!?

f:id:mooth1006u3:20190628153531j:plain

f:id:mooth1006u3:20190628153536j:plain

鳥居が… 金…!

f:id:mooth1006u3:20190628153549j:plain

f:id:mooth1006u3:20190628155211j:plain

f:id:mooth1006u3:20190701024550j:plain

↑ ポケGoでの画面 ↓

f:id:mooth1006u3:20190701024652j:plain

f:id:mooth1006u3:20190628155232j:plain

(色んな視点からの鳥居の画像。)

 

f:id:mooth1006u3:20190628153553j:plain

拝殿に参拝します。

f:id:mooth1006u3:20190628153645j:plain

お金の神様なんだけど、私 参拝するときにお金のことでお願いとかしてないなー とか思いながら。
つか、前回エントリからの流れで 参拝しまくってるから、
二礼 二拍手 一礼 で合ってるよなぁ…? とか、参拝方式がゲシュタルト崩壊する…

拝むときには、もう、
「来させて頂きありがとうございます」って感じですよ。
参拝時に心の中で何を言えばいいのか分からなくなってくるわ。

f:id:mooth1006u3:20190628154957j:plain

こちらでも参拝しました。


で、

f:id:mooth1006u3:20190628153647j:plain

本日限定のお守り! ……とかもあったんだけど、
なんか気が向かなかったので。こちらでは御朱印だけ。


f:id:mooth1006u3:20190628203436j:plain

!!

字、自体が、金!!

はー! すごいスねー。
金のインクとかあるんですかね。(感想それか)

で、

f:id:mooth1006u3:20190628154933j:plain

普通のおみくじとは別に、『金運 金(こがね)みくじ』というのがあって。
悪いの引いたらイヤだなー と思ってたんですけど、

f:id:mooth1006u3:20190628154940j:plain

おそらく一番下のやつでも末吉相当のやつしかないみたいなので、引いてみることに。

で、

f:id:mooth1006u3:20190628210002j:plain

一番いいやつ出たーー!!!!

感性が良いらしいよ。へぇ。



というワケで、金神社をあとにします。

f:id:mooth1006u3:20190628155054j:plain

別方向にあった もう一つの鳥居は普通のやつでした。




この後はさすがに帰途につきます。



で、



表題に『岐阜市三社参り』と付けましたけど、これも結果論の話で。
前述した通り、伊奈波神社に行くのが目的で、橿森神社はなんとなく見つけて、金神社はチラシ見て行きたいと思った。

この三社、祭神が親子に当たるというそうで?

伊奈波神社が父。
金神社が母。
橿森神社が子。
……なのだそうで。

www.buccyake-kojiki.com

(↑ ここでは造語だと書かれてるけど)

(『岐阜市三社参り』でググってみて下さい。)

私、全然知らなくて、伊奈波神社についてツイート検索したら、岐阜市三社参り って書いてるアカを見つけたから、なにそれ って思って、これですよ。



なんとなくの動機で神社巡りしてたけど、結果的に縁のあるとこを巡れて良かったかな って☆

“伊奈波神社(~黒龍神社e.t.c...)(~岐阜善光寺安乗院)”

『伊奈波(いなば)神社』へ行ってきました。

f:id:mooth1006u3:20190628134153j:plain

(着いて、鳥居の正面にきたときの写真。)

キッカケはなんとなくツイッター見てて、TLでこれが流れてきたので。

f:id:mooth1006u3:20190622162401j:plain

このツイ見て、なんとなく行きたいと思ったので行ってきました。

 

JR岐阜駅着後、駅前にバスが出ているのですが、私はイマイチ バスに乗るのが苦手で。(電車の時刻表は調べるのにバス苦手w)
バスを使えば10分くらいで着くと調べたんですけど、徒歩で行くにしても40分くらいだと地図アプリで出たので、駅前から歩いて行くことに。


(道中の写真 ↓)

f:id:mooth1006u3:20190628132455j:plain

f:id:mooth1006u3:20190628132453j:plain

(なんだこれ)

f:id:mooth1006u3:20190628133147j:plain

f:id:mooth1006u3:20190628144635j:plain

f:id:mooth1006u3:20190628133343j:plain

f:id:mooth1006u3:20190628133453j:plain





ん、

f:id:mooth1006u3:20190628144222j:plain

f:id:mooth1006u3:20190628133637j:plain

(なんだこれ?)

f:id:mooth1006u3:20190628213651j:plain

ポケモンGo での画面)

 

f:id:mooth1006u3:20190628133643j:plain

f:id:mooth1006u3:20190628133644j:plain

(ここにあった階段から上には登ってません。)

 

f:id:mooth1006u3:20190628133714j:plain

f:id:mooth1006u3:20190628133720j:plain

f:id:mooth1006u3:20190628133728j:plain

f:id:mooth1006u3:20190628133838j:plain

 

 

で、

(ここまでが前フリです。歩いて向かう途中です。)

 

 

f:id:mooth1006u3:20190628133952j:plain

 

着きました。

 

f:id:mooth1006u3:20190628133949j:plain

(上の画像の向かい側の景色。ありがちな、参道前の通りは開けている っていうね。)

 

f:id:mooth1006u3:20190628134001j:plain

伊奈波神社の鳥居に向かいながら左手側。

 

f:id:mooth1006u3:20190628134017j:plain

f:id:mooth1006u3:20190628134020j:plain

上ってきてる っていうか、結構山が近い?

(私の流れ的には このあと 最初に貼った画像の鳥居と石柱の景色を見て、足を進めます。)

f:id:mooth1006u3:20190628134201j:plain

f:id:mooth1006u3:20190628134306j:plain

左、参集殿

f:id:mooth1006u3:20190628135048j:plain

f:id:mooth1006u3:20190628135045j:plain

その左、というか手前側の位置にて。
混むとヤなので、先に御朱印をお願いしたりお守りを見たりしました。

 

f:id:mooth1006u3:20190628135036j:plain

右手側の景色。

f:id:mooth1006u3:20190628135025j:plain

(ほんとはもうちょっと朝早く行く予定だったんですけど、遅れて昼過ぎのこの時間でした。)

 

f:id:mooth1006u3:20190628135055j:plain

真ん中にあるのが神橋。少し奥に見えるのが楼門。

f:id:mooth1006u3:20190628135140j:plain

右手側の景色。(あとで行きます。)

 

f:id:mooth1006u3:20190628135143j:plain

f:id:mooth1006u3:20190628135153j:plain

左、手水舎、で、伊奈波大黒社。

 

f:id:mooth1006u3:20190628135402j:plain

楼門をくぐるあたりで、神社の方が(?)神主さんが(?)、なにか作業されてたのか、なにか運んでたりしてるようだった。
擦れ違いにご挨拶を頂いたので、私も挨拶を。


f:id:mooth1006u3:20190628135409j:plain

楼門くぐって。

f:id:mooth1006u3:20190628135408j:plain

絵馬が書けるようになってた。

f:id:mooth1006u3:20190628135405j:plain

f:id:mooth1006u3:20190628135412j:plain

なんとなく撮った空。

 

神門から本殿に向かって参拝します。

で、振り返ってその両脇に、

f:id:mooth1006u3:20190628135742j:plain

\ パワースポット! / とわざわざ書かれてあった、逆さ狛犬。さん。

なんとなく撫でます。

 

神門前の石段を降り、左に、

f:id:mooth1006u3:20190628135928j:plain

黒龍社。

 

((C)幽遊白書
黒龍 ってカッコいいですよね。こう厨二病的に……)

 

f:id:mooth1006u3:20190628135932j:plain

ググると、「どんな願いも叶う」というこちらだそうですけど、実際私、参拝するときに大したこと祈願してないんですよねぇ。
意識し過ぎて色々な願いを詰め込んでもなー …なんて考えてたり。

あと、『龍頭岩』というのもあるそうなんですけど、私現地にいたときに失念してて完全スルーしてました。(

 

(だから画像も無いです)

 

f:id:mooth1006u3:20190628135938j:plain

近くにいたおじさんが、「津島神社って愛知県のあれやん」(おそらく画像右部を見ながら)ってらして。
何か関係があるのかしらね。

 

mooth1006u3.hatenablog.com

 

f:id:mooth1006u3:20190628140443j:plain

こうして見ると結構高い位置ですね。

f:id:mooth1006u3:20190628140446j:plain

f:id:mooth1006u3:20190628140616j:plain

f:id:mooth1006u3:20190628140647j:plain

真っ直ぐ行くと吉備神社。針塚がありました。

 

で、左の赤い鳥居が続くのが 楓稲荷社。

f:id:mooth1006u3:20190628140650j:plain

このあたり、水の流れとか 雰囲気がいい感じでしたよ。

f:id:mooth1006u3:20190628140653j:plain

f:id:mooth1006u3:20190628140858j:plain

f:id:mooth1006u3:20190628140910j:plain

f:id:mooth1006u3:20190628141016j:plain

f:id:mooth1006u3:20190628141019j:plain

f:id:mooth1006u3:20190628141037j:plain

f:id:mooth1006u3:20190628141042j:plain

 

来た道を戻っていきます。

参集殿の手前に龍が刻まれてるのがあります。

f:id:mooth1006u3:20190628141249j:plain

対になるように参道を挟んであります。

f:id:mooth1006u3:20190628141226j:plain

 

 

(かたっぱしから目に映るもの見つけては参拝してたけど、それが何を祀っていて何なのかとかよく分かってないまま撮ったりもしてましたわw)

 

f:id:mooth1006u3:20190628141615j:plain

f:id:mooth1006u3:20190628141626j:plain

忠魂碑。

f:id:mooth1006u3:20190628141722j:plain

f:id:mooth1006u3:20190628141749j:plain

『時の鐘 登り口』という看板があったんだけど、さすがにこれ以上は無理(体力と時間が。とてつもない時間と体力を持っていかれそうな予感がビシビシする。)なので行ってないです。
(気になる人は、『伊奈波神社 時の鐘』でググればいいと思う。)

 

f:id:mooth1006u3:20190628141751j:plain

 

 

f:id:mooth1006u3:20190628141836j:plain

金山神社愛宕神社

 

f:id:mooth1006u3:20190628142251j:plain

池の向こうに松尾神社が。
(公園側から小さな橋を渡って行きます。)(行ってないけど。)

 

 

f:id:mooth1006u3:20190628142308j:plain

 

 

 

で、

 

 

f:id:mooth1006u3:20190628142414j:plain

岐阜善光寺安乗院。

ja.wikipedia.org

 

こちらもお参りしました。

 

f:id:mooth1006u3:20190628142556j:plain

f:id:mooth1006u3:20190628142559j:plain

 

ところでこのとき、なにか音が聞こえてて。

f:id:mooth1006u3:20190628232342j:plain

 

したらば、

f:id:mooth1006u3:20190628143446j:plain

の、階段下のとこに、

f:id:mooth1006u3:20190628143450j:plain

なにか演奏してた。
(このあと ♪ふるさと を演奏してた。)

 

 

で、御朱印を頂いて、
伊奈波神社周辺をあとにします。

f:id:mooth1006u3:20190628143659j:plain

すごく微妙な天気で曇天でしたけど、そんな不快でもなかったんですよ。
ジメジメじゃなくて、しっとりって感じ。

結構細かく見てたつもりだったんだけど、スルーしてしまったやつもあったので、また機会があれば来れたらいいな と。

 

f:id:mooth1006u3:20190628143701j:plain

f:id:mooth1006u3:20190628143704j:plain

f:id:mooth1006u3:20190628143758j:plain

(↑ ところでこちら、着いて早々に左手側にあったんですけど、なんのお社なんでしょうねぇ…。)

 

 

で、御朱印

f:id:mooth1006u3:20190628203354j:plain

善光寺さんでは不動明王さんと弘法大師さんのも頂きました。

 

f:id:mooth1006u3:20190628203347j:plain

伊奈波神社では黒龍神社のも。
伊奈波神社御朱印は金の御朱印が。

なんでも毎月最終金曜日は一部の寺社にて金の御朱印が頂けるらしく。こういった仕様に。特別感ある。

 

www.inabasan.com

ja.wikipedia.org

 

 

続きます。