とーま日記:Q

藤麻無弓(とーま・むゆみ)が色々ダラダラしてます。

“[DEZERT] 2019 TOUR “血液がない!” at 名古屋市芸術創造センター 20190510”

www.youtube.com

 

 

 

DEZERT、2019 TOUR “血液がない!” で、名古屋市芸術創造センター に行ってきました!

 

f:id:mooth1006u3:20190510155114j:plain

DEZERTのライブを見るのはMUCCとのc/wツアーを含めて三度目。

mooth1006u3.hatenablog.com

mooth1006u3.hatenablog.com


急に行きたくなったので行きました。
つか、表題となってるシングルも発売日に買わずに少し経ってから、やっぱ気になるな と思って 遅れて買ったんですよ。

f:id:mooth1006u3:20190510155102j:plain

 


会場に着いたとき、そして開場して中に入ったときに、正直なんでここを会場に選んだんだろう って思ったんですよ。
確か事務所主導で今回のツアーがホールに決まった っていうのを読んだ気がしたんですけど、

spice.eplus.jp

ヴィジュアル系のライブで、日本武道館とかたまアリみたいな大箱でのホールなら体験してるんだけど、こういう小規模のホール って体験したことないし。
つか、椅子ありじゃないすか。
DEZERTならもっと暴れやすい オールスタンディングのライブハウスでやればいいのに って思うので、会場に違和感はすっごいありました。

www.bunka758.or.jp

 

いや、だってヴィジュアル系バンドがライブするような会場じゃないと思うよこれ。
この当日のイベント案内とか見たらさ。

f:id:mooth1006u3:20190510155226j:plain


17:45開場。中に入って待つんだけど、椅子に座って待つ って新鮮ですね。。。

つか、開演時間近付いてきたけど、もしかして空席多い?
640席って書いてあったけど、500弱くらいしか埋まってない?

開演まで、「♪yesterday~」ってずっと流れてた。
「戻れないなら 進んじゃうのさ」って歌詞があったり、『TODAY』って歌があるのにこのフレーズが繰り返し流れてたのは敢えて なの??


18:30開演だけど、結果的に18:45頃開演。


セトリ(拾い)
 

01. Call of Rescue
02. 胃潰瘍とルソーの錯覚
03. 「殺意」
04. 血液がない!
05. 蝶々
06. 肋骨少女
07. 「教育」
08. ともだちの詩
09. Stranger
10. 「遭難」
11. 浴室と矛盾とハンマー
12. insomnia
13. 「排泄物」
14. オレンジの詩
15. 遮光事実
16. 脳みそくん。
17. 蛙とバットと機関銃
18. 「君の子宮を触る」
19. 「遺書。」
20. 「ピクトグラムさん」
21. TODAY

 EN. 

オーディナリー



コールオブレスキューの後のMCでも千秋が客が入ってないことに触れる。

つか、私の中では名古屋は仕方ない って思ってるんすよ。

 こういうこと言われてるしw

mooth1006u3.hatenablog.com

このときも客入りや客ノリが微妙だったみたいで、私のレポではそんなに書いてないけど 青さんがそれっぽいことツイートしてるけど。


だから私の中では別に名古屋の客入りが微妙だろうが盛り上がりが微妙だろうが、それはデフォだな くらいに受け止めてたんだけど。


で、そのときの一ノ瀬さんMCで、
「今日も埋まっておりません名古屋!!」
「ハコは埋まってないけど アンタたちを幸せにしてやるんで」
「喜怒哀楽 全部置いてって下さい!!」
「お前らの喜怒哀楽 全部吸い取ってやるから!!」

ガッツリ煽るッ!
喜怒哀楽のくだり良いすね。



“血液がない!” ではイントロ部分をアレンジしたり、歌詞を『才能がない』と言い換えたりして、で ライブならではの音が良かった。
つか、ちょっとミスったりして千秋謝ってたw




ところでこの日の名古屋で一番やばい感じになったのは “「遭難」” のあたりで。
( “浴室~” も空気やばかったかな。つかその前からかな。)
千秋が何かが気に食わないのか曲の入りを何度もやり直しさせたり、みーちゃんに自分の意思が伝わってないような苛立ちを見せてて、
「おれたちが『遭難』してるわ」と。

まぁ結果的に無理矢理合わせるカタチになって歌ってた印象だけど、この辺りの空気は悪かった。
ステージ上でメンバーが「ちゃんとやろうよ」とか言ってたり(大川?)

途中で帰っちまうんじゃねーか ってくらいの険悪に見えた。


(正直 少し面白がって見てたフシはある。私。)
(以前、PIERROTのライブDVDだかのドキュメントのやつで、バックステージでキレてるキリトの様子が映ってたのがあったんだけど、バックでキレてるのはあるにしても、それをわざわざファンに見せてる / メディアにして見せる ってのは、自分の弱さを出してるようなもので。)
(確かのちにキリトがインタビューでも言ってた記憶。ソース忘れたから記憶違いだったらスマソ)


……そういうのを思い出してたし、アルバム『TODAY』、もっと言えば『幸福のメロディー』あたりから、千秋が意図して弱い部分を曲に / 歌詞に出してる印象だったんよ。

どこかのMCでも「おれは頭がいいからカッコいいことも言えるけど」(ニュアンス。)みたいなこと言ってたし、


“「殺意」” では曲振りするときに
「臆病者の歌だ」っつってたけど、あとでMCで、
千秋が先輩から「 “「殺意」” なんだね。殺さないんだね。優しいね」
って言われた話をしてて。
その話を受けて、優しい っていうか、弱い …っていうかメンヘラ的な、ムカつくやつを殺したいけど殺せないもどかしさみたいなことかな って思って。(私の解釈がね。)


だからステージで自分の思ってる通りうまくいかない千秋がそのイライラを、わざわざステージで出す ってことは弱さを出してるのかな と。
その、未熟で(お互いが)うまくいかないことすらも全力で見せてるのかな って思って。
だからヒリヒリはしてたけど、面白がって見てました。

面白がって? 興味深く見てました。


で、

まぁその後もセトリを続けながら、「ドラム破るくらいでやれ!」とか「(さっちゃんに対して ベースの)弦が切れてねーじゃねぇーか!」とか、メンバーにも煽る千秋。


けど熱量は高まっていって、なかなか楽しかった。

“「遺書。」” でメンバーに歌わせてたやつは、みーちゃんの声が可愛いなと思った。

客席に歌わせるやつは、男の声が小さくて、一ノ瀬さんが、
「男ぉ声小せぇぞ!! そんなんじゃ女を守れねぇぞ! 男は女を守るもんだろ!!?」
と煽る。
(ま、私は内心「うるせー」と無視してたがw)



しかし本編中一時期メンバーが険悪にも取れる雰囲気だったのに、よく最後はまとまってすごい熱量になったな と。



どこかのMCで、
「負けたくないけど、この歳になると 負けるのもいっかー って思うようになった。進む為に。」(ニュアンス)
みたいなこと言ってたのも印象的で、
「次の名古屋もここで、同じ会場で埋めてやるからな!」(ニュアンス)
って言ってて、次も楽しみになってきたんだけど、
 今度はアルバムを作ってからツアーをやるから、間が空く
…的なこと言ってたから先の話になりそう。
(アルバム作ってツアーするのがルーティンでイヤだ というインタビューを最近読んだ気がするけど、今の千秋の気分がきっと作品を作りたいんだろうな と。)



7年もやってるバンドなのに変なバンドだなと思うわw
全力で未熟さを出してる ってのが今回の印象でしたわ。



(つか、翌日は大阪でのライブだったみたいで、それは結構な盛り上がりだったらしい…w)
(1月のcali≠gariも名古屋は微妙だったけど翌日は大阪で盛り上がった ってツイート見たような…)
(名古屋は踏み台かよw)
(この日、DADAROMAもメリーも名古屋で、翌日にはそれぞれ大阪だったみたいで、ツアースケジュール組むのもどこも同じかよ…w)

 

 

 

www.instagram.com

 




↓ CDに入ってた引換券で レプリカのスタッフパスを。

f:id:mooth1006u3:20190511113312j:plain

↓ ツアーTシャツ買った。

f:id:mooth1006u3:20190513223414j:plain

 

f:id:mooth1006u3:20190513224613j:plain

 

f:id:mooth1006u3:20190513183047j:plain

 

f:id:mooth1006u3:20190513183114j:plain

natalie.mu

 

www.youtube.com

コールオブレスキュー 良い曲…。

















 

 

 

ところでさ、全然関係ないけど、

f:id:mooth1006u3:20190513224607j:plain

私この日、5月10日の金曜日にさ、名古屋駅吉田鋼太郎さんにとっっっっっても良く似た人と擦れ違ったんですけど??
(postした時間ではないです。)

直後にツイート検索したら同じようなツイートしてる人を見つけて、あれ…まじでご本人だったのかしら…。